沖大幹センター長が「ストックホルム水大賞」を受賞

この度、「ストックホルム水大賞」の2024年受賞者に、沖大幹センター長が選ばれました。

「ストックホルム水大賞」は「水のノーベル賞」とも呼ばれ、世界の水資源の持続可能な利用と保護に際立った貢献をした人・組織に贈られます。

日本出身者の受賞は3人目となり、8月にストックホルムで授賞式が行われます。

沖大幹 地球環境データコモンズセンター長

Hydrologist Taikan Oki becomes 2024 Stockholm Water Prize Laureate

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC225JI0S4A320C2000000/

https://news.yahoo.co.jp/articles/1c5bf030defc3b8f950ee80cadc9bc758e8fdafe

TOP